米国で利用

米国で利用されているマーケティングオートメーションですが、米国では企業を社会に売り込む等専門的な知識が必要なものは専門的な分野に任せるという流れがあります。そのため積極的にマーケティングオートメーションを利用する傾向にあるのです。コンサルティング王国とされている米国ではマーケティングオートメーションという仕組みを利用するのは当たり前となっています、企業を売り込むには経験と知識が必要なので、マーケティングオートメーションの力が必要不可欠なのです。米国ではお金をかけても専門的なマーケティングオートメーションを雇うのです。

また管理のミスを減らすという目的もあり、少しのミスでも許されない営業の世界では、効率よく対応してくれるマーケティングオートメーションの存在が欠かせないのです。データの管理は人が行うよりもシステムで管理した方が手間も省けて余計な費用がかからない形になっています。専門的な所に依頼する事を高いとみるか安いと見るかで違ってくるのですが、米国の場合はマーケティングオートメーションというシステムを使用する事を前提に企業を営業している所が多いのです。マーケティングオートメーションの役割をしっかり把握して利用しているのが米国の特徴になります。